先日、父が亡くなりました。財産・債務関係の調査に時間がかかりそうなので、相続放棄をするか決定するまでの期限(3か月)を延長してもらいたいのですが、どのような手続を行えばいいのでしょうか。延長された期限を過ぎた場合は、どうなるのですか。


 

 相続の放棄又は承認をすべき期間(これを「熟慮期間」といいます。)については、Q19で述べた通り、家庭裁判所の審判により、延長できる場合があります。  

 この手続は、自己のために相続の開始があったことを知ったときから3か月の熟慮期間が経過するまでの間に行わなければなりません。具体的には、被相続人の死亡時の住所を管轄する家庭裁判所に、「相続の放棄または承認の期間伸長の審判」を求めて申立てをする必要があります。
 添付資料の一つである戸籍の収集には時間がかかりますので、伸長の手続は早めに取りかかるとよいでしょう。  

 申立てを受けた裁判所は、申立人が伸長を求める期間に拘束されず、権利関係の複雑性など、当該事案にける、伸長の必要性その他一切の事情を考慮して伸長の期間を決定します。
 伸長期間の間に、相続放棄をしなかった場合は、相続を承認したものとみなされますので、相続放棄をすることが決定したら、速やかに相続放棄の申述手続を行うべきです。

 なお、あくまで期間の伸長は例外的な措置ですので、財産調査などが不要であって、単に相続放棄をするか承認するか決意するために、期間を伸長することは許されないと考えられています。  



遺産分割についてさらに知りたい方はこちらから

誰がどのくらいもらえる?相続人と相続分 単純? 限定? 放棄?相続の方法 どのように進めたらよい?遺産分割の仕方
生前の対策遺言書について 財産は保障される?遺留分について 生前の対策特別受益と寄与分

遺産分割の個別相談・お問い合わせはこちらから

無料相談実施中!

電話受付時間外のご予約は、お問合せより必要事項をご記入いただき、ご送信下さい。

事務所の特徴

事務所紹介

料金表

アクセス

お客様の声


サイトメニュー

事務所案内 MAP

 

弁護士法人江原総合法律事務所運営サイト

事務所サイトはこちら

jimusyo.png

交通事故についてはこちら

koutsuujiko.png


離婚についてはこちら

rikonn.jpg


相続についてはこちら

souzoku.jpg


債務整理についてはこちら

saimuseiri.png


自己破産についてはこちら

jikohasann.jpg


個人再生についてはこちら

kojinnsaisei.png


住宅ローンについてはこちら

jyuutakuro-nn.png


法人破産についてはこちら

houjinnhasann.jpg


企業法務についてはこちら

kigyouhoumu.jpg


労働トラブルについてはこちら

roudou_banner


弁護士法人江原総合法律事務所ブログはこちら

blog_banner

               

 

弁護士法人江原総合法律事務所 (江原智 埼玉弁護士会所属 (登録番号30532))

〒343-0845 埼玉県越谷市南越谷4-9-6 新越谷プラザビル2F  TEL 048-940-3971

Copyright © 2011 弁護士法人江原総合法律事務所 All Rights Reserved.