2週間前に夫が亡くなりました。相続人は、妻である私と、未成年の子供1人です。夫の遺産は、住宅ローンが残っている自宅不動産しかありません(オーバーローン状態)。私が住宅ローンを支払っていくことにして、子供には相続放棄をさせようと考えていますが、この際に気を付けることはありますか。なお、夫の両親は既に他界していますが、兄が1人います。


 

  未成年のお子様の相続放棄は、本来、法定代理人であるあなたが手続を行います(なお、この場合の熟慮期間の起算点は、未成年者ではなく、法定代理人の主観を基準に決定され、「法定代理人が未成年者のために相続の開始があったことを知った時」から起算されます)。

  しかし、本件のように、お子様のみ相続放棄する場合、あなたの相続分が増えることになるため、利益相反行為(民法826条)に該当すると考えられています。たとえあなたに、子供たちに債務を負担させたくないという考えがあったとしても同様です。

  そこで、お子様のみ相続放棄させる場合は、裁判所に特別代理人の選任を申し立て、当該特別代理人が、お子様の相続放棄を代理して行うことになります。

  なお、お子様のみが相続放棄をした場合、お子様は初めから相続人にならなかったものとみなされます(民法939条)。
 そうすると、相続人は、あなただけでなく、第3順位であるご主人のお兄様も相続人となり、相続債務を負うことになってしまいます。
 そのため、迷惑をかけたくないということであれば、義兄にも相続放棄させることが考えられるでしょう。    



遺産分割についてさらに知りたい方はこちらから

誰がどのくらいもらえる?相続人と相続分 単純? 限定? 放棄?相続の方法 どのように進めたらよい?遺産分割の仕方
生前の対策遺言書について 財産は保障される?遺留分について 生前の対策特別受益と寄与分

遺産分割の個別相談・お問い合わせはこちらから

無料相談実施中!

電話受付時間外のご予約は、お問合せより必要事項をご記入いただき、ご送信下さい。

事務所の特徴

事務所紹介

料金表

アクセス

お客様の声


サイトメニュー

事務所案内 MAP

 

弁護士法人江原総合法律事務所運営サイト

事務所サイトはこちら

jimusyo.png

交通事故についてはこちら

koutsuujiko.png


離婚についてはこちら

rikonn.jpg


相続についてはこちら

souzoku.jpg


債務整理についてはこちら

saimuseiri.png


自己破産についてはこちら

jikohasann.jpg


個人再生についてはこちら

kojinnsaisei.png


住宅ローンについてはこちら

jyuutakuro-nn.png


法人破産についてはこちら

houjinnhasann.jpg


企業法務についてはこちら

kigyouhoumu.jpg


労働トラブルについてはこちら

roudou_banner


弁護士法人江原総合法律事務所ブログはこちら

blog_banner

               

 

弁護士法人江原総合法律事務所 (江原智 埼玉弁護士会所属 (登録番号30532))

〒343-0845 埼玉県越谷市南越谷4-9-6 新越谷プラザビル2F  TEL 048-940-3971

Copyright © 2011 弁護士法人江原総合法律事務所 All Rights Reserved.