越谷(埼玉)の弁護士による相続・遺産分割相談 弁護士法人江原総合法律事務所

越谷(埼玉)を中心に相続トラブルを弁護士が解決 弁護士による遺産分割相談

  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • トップページ
初回無料の法律相談。お気軽にご連絡下さい。予約時間 9:00~17:00(土日応相談)


 私は、祖母と母の3人家族です。1ヶ月前に祖母が死亡しました。祖母には多額の借金があったので、母は相続放棄をする予定でしたが、祖母が死亡した2週間後に、突然の交通事故で亡くなってしまいました。 自宅は母名義なので、母の遺産だけもらいたいと考えていますが、可能でしょうか。


 

 被相続人Aの相続人であるBが、Aの相続について熟慮期間中に相続の承認または放棄をしないまま死亡し、Bについて新たに相続が発生し、Cが相続人となった場合を、「再転相続」といいます。

  この場合、Aの相続とBの相続、それぞれについて、「承認するか」「放棄するか」の選択ができますCのA,Bそれぞれの相続に関する熟慮期間は、いずれも、「Cが、Bの相続人になったことを知ったとき」から同時に進行することとなります。

  したがって、あなたは、お母様が死亡して、自分が相続人であることを知ったときから3か月以内に、お祖母様の相続について相続放棄し、お母様の相続について承認して、お母様名義の自宅不動産を相続することができます。

  なお、相続の放棄・承認の選択の先後について、気を付けなければならないケースがあります。
  まず、
① Aの相続を先に承認・放棄した場合には、 →Bの相続について、承認・放棄いずれも可能です。
② Bの相続を先に承認した場合には、   →Aの相続について、承認・放棄いずれも可能です。
しかし、
③ Bの相続を先に放棄した場合には   →Aの相続については、承認・放棄のいずれもできません。
 (結論としては、A,Bにいずれについても、相続できないということになります。)  

  なぜなら、Aの相続については、Bの相続を承認して初めて、Bの「Aの相続について承認または放棄できる地位」を承継することになるため、Bの相続を先に放棄してしまうと、Aの相続に関する選択権を行使し得ないからです。

  再転相続が起こるケースは稀ですが、非常にややこしい問題ですので、専門家である弁護士にご相談ください。



遺産分割についてさらに知りたい方はこちらから

誰がどのくらいもらえる?相続人と相続分 単純? 限定? 放棄?相続の方法 どのように進めたらよい?遺産分割の仕方
生前の対策遺言書について 財産は保障される?遺留分について 生前の対策特別受益と寄与分

遺産分割の個別相談・お問い合わせはこちらから

無料相談実施中!

電話受付時間外のご予約は、お問合せより必要事項をご記入いただき、ご送信下さい。

事務所の特徴

事務所紹介

料金表

アクセス

お客様の声


サイトメニュー

事務所案内 MAP

 

弁護士法人江原総合法律事務所運営サイト

事務所サイトはこちら

jimusyo.png

交通事故についてはこちら

koutsuujiko.png


離婚についてはこちら

rikonn.jpg


相続についてはこちら

souzoku.jpg


債務整理についてはこちら

saimuseiri.png


自己破産についてはこちら

jikohasann.jpg


個人再生についてはこちら

kojinnsaisei.png


住宅ローンについてはこちら

jyuutakuro-nn.png


法人破産についてはこちら

houjinnhasann.jpg


企業法務についてはこちら

kigyouhoumu.jpg


労働トラブルについてはこちら

roudou_banner


弁護士法人江原総合法律事務所ブログはこちら

blog_banner

               

 

弁護士法人江原総合法律事務所 (江原智 埼玉弁護士会所属 (登録番号30532))

〒343-0845 埼玉県越谷市南越谷4-9-6 新越谷プラザビル2F  TEL 048-940-3971

Copyright © 2011 弁護士法人江原総合法律事務所 All Rights Reserved.