埼玉弁護士会越谷支部所属 埼玉・越谷の弁護士による遺産相続・遺産分割相談 埼玉・越谷の遺産相続・遺言書作成・遺産分割に関するご相談は、弁護士法人江原総合法律事務所まで。

初回相談無料 お気軽にご相談ください。 TEL:048-940-3971 受付時間 平日9時〜22時 土曜10時~18時
初回相談無料
相続の無料相談のご予約はこちら 弁護士法人江原総合法律事務所 TEL:048-940-3971 平日9時~22時 土曜10時~18時 メール予約
遺産相続・遺産分割のお悩みなら埼玉・越谷の地域に根差した法律事務所へ 埼玉東部(越谷・春日部・草加・三郷・吉川・川口)にて、7年間で累積7000件の相談受付件数実績※全相談種別含む 弁護士法人江原総合法律事務所
埼玉・越谷の相続問題は弁護士法人江原総合法律事務所までご相談ください

相続に関するこんなお悩みはありませんか?

  • 遺産をもらえる人は? 相続人について詳しくはこちら
  • 借金を相続したくない 相続放棄について詳しくはこちら
  • 相続トラブルを防ぎたい 遺言について詳しくはこちら
  • 相続対象になるのは? 相続財産について詳しくはこちら
  • 遺産の分け方が分からない 遺産分割協議について詳しくはこちら
  • 遺産がもらえず不公平だ 遺留分について詳しくはこちら

よくある質問

よくあるご相談

遺産分割

弁護士による遺産分割協議・調停や協議書作成のサポートで、「円満な遺産分割」を実現します。

詳しくはこちら

遺留分

遺留分侵害額請求を行って、生前贈与や遺言による「不公平な財産分配」の是正を実現します。

詳しくはこちら

遺言書作成

生前に財産の分け方を取り決めておくことで、事後の「相続争いを防止」します。

詳しくはこちら

新着情報

相続に関する解決事例

事例 画像

直面する遺産分割の問題だけでなく、将来発生し得る遺産分割問題も含めた解決方法のスキームを構築し、「紛争の一回的解決」を短期間で実現することに成功した事例

被相続人→A(父親)
相続人→B(Aの妻(後妻))、C(AとBの子)及びD(Aの前妻の子)の3人
相談者→D
相手方→BとC

≫ 続きはこちら

事例 画像

10年間まとまらなかった遺産相続問題を2か月で円満に解決した事例

被相続人→父親
相続人→被相続人の妻である母親、姉、弟の3人
相談者→母親と姉の2人

遺産は弟が単独で居住している父親名義の借地権付き建物と、広島にある先代からの土地がありました。
遺産の規模としてはそれほど多額ではありませんが、広島の土地を誰が取得するかについて、弟が共有での取得という主張を譲らなかったため、相続発生から約10年近くたっても、遺産分割ができない状況でした。

≫ 続きはこちら

事例 画像

遺留分減殺請求権を行使し当初より大幅に相続分を増額させた事例

田舎の資産家である甲について、相続が発生しました。依頼者は、実家を離れ、外に嫁いだ法定相続人である子供達複数名です。
被相続人甲が死亡したあと、実家の後継ぎである長男Aより、「これがおまえたちの取り分だ」と、1000万円近い金額が振り込まれました。遺言書があることは分かったものの、遺言の内容、遺産の詳しい状況については教えてもらえず、一切の交渉を拒否されました。
また、Aが相続税の申告を依頼した税理士も他の相続人たちには申告予定の内容を教えてくれませんでした。

長男A以外の相続人たちは困り果て、当事務所に相談に来ました。

解決事例の一覧はこちら

無料相談実施中 相続相談・遺言書作成・遺産分割の専門家にまずはお問い合わせください。 TEL:048-940-3971 受付時間 平日9:00~22:00 土曜10:00~18:00

メールでのご予約も受付中です

こんなお悩みはありませんか?

  • 遺産をもらえる人は? 相続人について詳しくはこちら
  • 借金を相続したくない 相続放棄について詳しくはこちら
  • 相続トラブルを防ぎたい 遺言について詳しくはこちら
  • 相続対象になるのは? 相続財産について詳しくはこちら
  • 遺産の分け方が分からない 遺産分割協議について詳しくはこちら
  • 遺産がもらえず不公平だ 遺留分について詳しくはこちら

よくあるご質問

遺産分割

遺産分割

弁護士による遺産分割協議・調停や協議書作成のサポートで、「円満な遺産分割」を実現します。

遺留分

遺留分

弁護士による遺産分割協議・調停や協議書作成のサポートで、「円満な遺産分割」を実現します。

遺言書作成

遺言書作成

弁護士による遺産分割協議・調停や協議書作成のサポートで、「円満な遺産分割」を実現します。

相続に関する解決事例

解決事例

直面する遺産分割の問題だけでなく、将来発生し得る遺産分割問題も含めた解決方法のスキームを構築し、「紛争の一回的解決」を短期間で実現することに成功した事例

被相続人→A(父親)
相続人→B(Aの妻(後妻))、C(AとBの子)及びD(Aの前妻の子)の3人
相談者→D
相手方→BとC

解決事例

10年間まとまらなかった遺産相続問題を2か月で円満に解決した事例

被相続人→父親
相続人→被相続人の妻である母親、姉、弟の3人
相談者→母親と姉の2人

遺産は弟が単独で居住している父親名義の借地権付き建物と、広島にある先代からの土地がありました。
遺産の規模としてはそれほど多額ではありませんが、広島の土地を誰が取得するかについて、弟が共有での取得という主張を譲らなかったため、相続発生から約10年近くたっても、遺産分割ができない状況でした。

解決事例

遺留分減殺請求権を行使し当初より大幅に相続分を増額させた事例

田舎の資産家である甲について、相続が発生しました。依頼者は、実家を離れ、外に嫁いだ法定相続人である子供達複数名です。
被相続人甲が死亡したあと、実家の後継ぎである長男Aより、「これがおまえたちの取り分だ」と、1000万円近い金額が振り込まれました。遺言書があることは分かったものの、遺言の内容、遺産の詳しい状況については教えてもらえず、一切の交渉を拒否されました。
また、Aが相続税の申告を依頼した税理士も他の相続人たちには申告予定の内容を教えてくれませんでした。

長男A以外の相続人たちは困り果て、当事務所に相談に来ました。

解決事例の一覧はこちら

当時事務所の専門サイト一覧

  • 弁護士法人 江原総合法律事務所
  • 交通事故相談
  • 女性のための離婚相談
  • 債務整理相談
  • 法人破産相談
  • 企業法務 法律・経営相談
  • 労働トラブル相談
  • 不動産トラブル相談
  • 弁護士法人 江原総合法律事務所ブログ

無料相談実施中 TEL:048-940-3971 受付時間 平日9:00~22:00 土曜10:00~18:00

メールでのご予約も受付中です