Q&A154 夫婦連名での遺言を作成

 夫婦連名で遺言を作成することはできますか。


 

民法は、同一の遺言証書で2人以上の者が遺言をするのを禁止しています(民法975条、共同遺言の禁止)。したがって、夫婦連名で遺言を作成することはできません。

 例えば、ある夫婦が「自分たちの財産を社会福祉施設に寄付する。」という遺言を書き、最後の箇所に日付と自分たちの名前を連記し、それぞれの実印を押したとしても、当該自筆証書遺言は、共同遺言にあたり無効となります。この場合、夫婦が個別に「自分の財産を社会福祉施設に寄付する。」という内容の遺言を作成する必要があります。

無料相談実施中 相続相談・遺言書作成・遺産分割の専門家にまずはお問い合わせください。 TEL:048-940-3971 受付時間 平日9:00~22:00 土曜10:00~18:00

メールでのご予約も受付中です

無料相談実施中 TEL:048-940-3971 受付時間 平日9:00~22:00 土曜10:00~18:00

メールでのご予約も受付中です

当時事務所の専門サイト一覧

  • 弁護士法人 江原総合法律事務所
  • 交通事故相談
  • 女性のための離婚相談
  • 債務整理相談
  • 法人破産相談
  • 企業法務 法律・経営相談
  • 労働トラブル相談
  • 不動産トラブル相談
  • 弁護士法人 江原総合法律事務所ブログ